IMAG6279

昨日の記事にあったリバーウォークの中に入る前にちょっとキョロキョロしてると
シェアサイクルのステーションが。

北九州といえば以前は中国のシェアサイクル大手、ofo (オッフォ) も参画してたんですが、
撤退しちゃいましたね。
2018年10月の記事から。


通知が届いたよ、って報道から2018年10月末に撤退するよ、って期日まで10日足らず。
海外の企業は即断即決だとはいいますが凄いスピードですよね。
びっくりしたのを覚えています。

そういえば ofo のその後、ちょっと見てみたんですが、
中国でも大変なことになってたんですね。

この「破産リスト」ってのが日本とシステムが違うのでちょっとややこしいんですが、
会社から提出されたものではなく、債権者の方が申請できるようですね。
ofo側はもちろん否定していたようですが、色々とトラブルはあるようですね。
その辺り含めて記事には詳しく書いてありますんで、気になった方は記事を見てみて下さいね。

しかし、色々と記事を見てみると2年前には「シェアサイクル花盛り」のような記事を見ることもできたんですが、たった2年足らずでこの状況。
世の中わからないもんですねー。

おっと、話がずいぶんとそれちゃいました。
北九州のシェアサイクルのお話。
ここはドコモなどの企業さんが運営してらっしゃるわけではなく、どうやらNPO法人が運営してらっしゃるようですね。


このNPO法人さん、駐輪事業など色々とやってらっしゃるんですね。


で、こっちがそのシェアサイクルのページ。
んー、Google Map API の関係だと思うんですけど、うまく表示されてなかったりするのがちょっと残念なんですが、
IMAG6280

こちらの1日利用、他の地域のようにFeliCa携帯、もしくはカードを使うのではなく、バーコードを使うようですね。
携帯電話によってはFeliCa機能のないものもあるでしょうし、こういった方法もいいのかも知れませんね。

IMAG6282

で、コレが使う自転車、ワタシは使わなかったんで分からないんですが、
どうやらこの自転車にバッテリーをセットするようですね。

IMAG6283

バッテリーをセットする、ってのがちょっと新鮮に見えたりして。

そうそう、ハンドルの方には(コレ結構うらやましい、とも思ったんですが)地図が出てるんですよね。

IMAG6284

ステーションマップ、流石にリアルタイムではわからないとしても、
コレ、観光でお越しになった方にとっては結構嬉しいと思いますよ。
というのも、先日 (自転車を買う前) 広島でシェアサイクルを使った時、
どこのポートに持って行ったらいいのか、わからない瞬間があったんです。
もちろん一旦止まって調べて事なきを得たんですが、
こういった時に地図が目の前にあると便利だなぁ、なんて思ったんですよね。

他の会社も電話で地図とか表示できるならスマホホルダーとか付けてくれるといいのに
なーんてわがままを思っちまったワタシでありました。
(後付けできるスマホホルダーもあるんでしょうけど、その前に自転車そのものを買っちゃったんでシェアサイクル、使わなくなっちゃったんですけどね。)